サークルレンズの交換に必要とされる処方箋について

 

サークルレンズを付けることで、見た目の印象がガラリと変わることは誰にでも知っていることです。

 

しかし、時が経つにつれて他社製のレンズの方が良いものと判断した場合、眼科から処方箋を書いてもらう必要があります。処方箋には、医師が診断した内容が事細かに記載されているので、規格が違うレンズを付ける場合はどうしても必要になってきます。

 

カラコンの場合は、度なしの製品に限り処方箋なしでも購入することができますが、念のために検査を受けることが好ましいものです。

 

眼科の処方箋と安全性について

 

サークルレンズは、瞳をひと回り大きく見せるため、黒目のフチを付け足すような形でラインが施されたコンタクトレンズです。カラコンの種類のひとつであり、学生から大人世代まで幅広く使用されています。

 

目に直接装着するものなので、眼科にて目の状態や視力、BC(ベースカーブ)やサイズを確認してもらい、処方箋に基づいて購入することが高い安全性につながります。

 

合わないものを使用していると、目のトラブルを引き起こすこともあり危険です。
眼科では、色々な種類やカラーを実際につけてみて、顔の印象を確かめることもできます。